オフィスの引っ越しでは機密データの扱いに注意が必要

By オフィスを変えましょう|9月 1, 2015|注意点|

家の引っ越しも大変ですが、オフィスや店舗の引っ越しはもっと大変です。

以前オフィスを引っ越した時は引っ越し業者に何回も来てもらって、机や備品、ロッカーなどいろいろ細かくサイズを計測してもらいました。なぜなら事前にサイズが分かっていないと引っ越し先で設置するときに大きすぎて置けなかったり、そもそも部屋に入れることができなかったり、いろいろな事態が起こってしまう可能性があるからです。結局、ロッカーを10個持って行く予定だったのですが、その事前の計測の結果、8個にまで減らしました。そして新しいオフィスで小型のロッカーを2つ書いたしました。

そのようにサイズ的な問題は、引っ越しの際には気をつかう必要がありますが、もう一つ気をつかわなければならない事があります。それは機密データの移動です。引っ越しの際にデータが漏洩してしまうと大きな損害を被ることになります。また、顧客からの信頼を損なうことにもなってしまいかねませんので、そこは十分すぎるほど配慮する必要があります。

オフィスの引っ越しの場合は、移動させるものが非常に多いので、どうしても荷物の運び出しや移動の過程において、大切な機密データを紛失してしまうことがあるのです。

例えば、私の引っ越しの場合、ソフトウェアのライセンス証書を何枚か紛失してしまいました。大した損害にならなかったのでよかったですが、これからオフィスの引っ越しを行う人は十分に注意をした方が良いでしょう。